超速理解!仮想通貨

2021年現在でも定期的にニュースで話題になる仮想通貨。
知っているようで知らない。詳しく知りたいけど、わざわざ勉強するまでもない。
そんなアナタに仮想通貨について、最低限知っておきたい要素をまとめてお届けします。
仮想通貨とは

簡単に言うと「紙幣や硬貨といった実態がなく、デジタル上に存在する通貨であり、国が管理していない通貨です。」
どんな通貨も、発行体(一般的には各国の中央銀行)が存在し、その流通量が管理されています。ところが、仮想通貨は国の管理下にはなく、あらかじめ決められたルールに基づいて発行、もしくは初めから上限枚数が発行されています。
この点が仮想通貨最大の特徴であり、仮想通貨を「分かりにくく」「胡散臭い」ものにしています。

ブロックチェーンとは

それでは仮想通貨に管理者はいないのでしょうか?確かに日本の「円」を発行している日本銀行のような中央銀行の役割を担う管理者は存在しません。
代わりにブロックチェーンという技術使って、世界中のコンピューターが同じ取引記録を保持しています。

それでは、同じ取引記録を持つとはどういうことでしょうか。
例えば、「ABCDE」といった取引記録があって、ブロックチェーンに繋がったコンピューター全てがその取引記録を持っています。その中で1台だけ「ABCDD」なんて記録を持っていたら、おかしいことがすぐに分かります。

そのため、改ざんが極めて困難であり、お互いがお互いをそれぞれ監視・管理している状態になります。そういった意味では、ブロックチェーンで連なったコンピューター全てが仮想通貨の管理者と言ってもよいのかもしれません。

ビットコインと仮想通貨の違いは

この疑問は、パスタとスパゲティは何が違うのかという疑問に非常に良く似ています。スパゲティが、パスタの一種であると同じように、ビットコインは、仮想通貨の一種です。

どうやって買うのか

仮想通貨取引所に口座を開くことで購入が可能になります。
さすがバーチャルな通貨だけあって、わざわざ銀行のように窓口にいくこともなく全てスマホ1台で完結できます。

開設した口座にお金を入金して、仮想通貨と交換します。イメージ的には、証券口座やFX口座とほとんど変わりはありません。

結局、仮想通貨で大儲けできるのか

仮想通貨に興味を持つ方のほとんどが知りたいことですね。
大変申し訳ないのですが、結論から言うと「分かりません」。
モノの価値が将来上がるか下がるかということは、誰にも分かりませんし、「儲かった、損をした」という物の見方は、時間軸をある一点で見た結果に過ぎません。

少なくとも、今買っておけば数年後には絶対に儲かる!なんて謳い文句には仮想通貨に限らず信じないでください。
ここまで述べたことを踏まえ、資産の持ち方のひとつと捉えるくらいが丁度いいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする