転売ビジネスをする前に特商法を理解しよう!

特商法で定められていることとは

特商法は特定商取引法のことで消費者庁がルールとして定め、トラブルが起きずに取引ができるようにしています。
消費者トラブルはインターネットの普及で通販サイトの利用者が増え、勧誘や詐欺などの被害が出やすくなり起きやすいです。

特商法は利用者や販売者に対してルールを守って利用してもらうために行われ、相手の不利益にならないようにする必要があります。
ルールは販売する商品の内容を詳しく誤りがないよう表記し、利用者が安心して取引ができるように定めていることが特徴です。

消費者は高齢者や視覚障害者、訪日外国人などもいるため、分かりやすくなるよう条文で解説した文章をホームページ上に掲載してルールを守っていると証明しないといけません。

商取引をするときは不正行為があれば口コミや評判が悪くなり、信用を失うことになるため注意が必要です。

安心して取引をしよう

転売ビジネスをするときはただ単に売り値と仕入れ値の差額で利益を出すことだけでなく、お互いに信用できるようにしないといけません。

また、副業として稼ぐためにはリピーターがいればすぐに交渉が成立しやすく、限られた時間の中で多くの利益を出しやすいです。

このためには特商法を理解して相手の要望に応え、信用されるようになる必要があります。転売ビジネスは近年ではインターネットが普及しスマホでも取引ができるようになり、競争が激しくなっていて勝ち抜けるようにしないと厳しいです。

消費者トラブルは訪問販売や勧誘などがあり、絶対にしないことやクーリングオフなど不良品があれば返金できるようにしないと稼げなくなります。

ルールを守らないと処罰される

ネット副業で転売ビジネスをするためには事前に特商法の内容を確かめ、ガイドラインがあり違法で悪質な勧誘や訪問販売などをしないようにする必要があります。

最近では転売ビジネスでの詐欺が多発しているため監視が厳しくなり、ルールを守らないと罰金や懲役など実刑になるため避けることが大事です。

転売ビジネスは商品を安く仕入れて高く売ると差額で利益を出せますが、市場価格を参考にして売値を決めないと購入者が現れなくなります。

このような状態が続いて困っている場合は相手に勧誘をして虚偽の情報を伝えることを考えたりもしますが、特商法違反になるため別の方法を考えることが望ましいです。

このため、相手の求めていることを理解して商品を仕入れ、リピーターを確保して利益を積み重ねるようにする必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする